ページ

森に行くのが楽しみになる本(童話・子ども向けなど)

 ここに掲載する本は、原則相模原市の図書館にあるものを、基本にします。
が、蔵書になっていない本もあります。ご了承くださいませ。











翻訳本が3種あります。
2・3の本のタイトルは、「ねっこぼっこ」
1.いしい ももこの翻訳本(画像のもの)
2.生野 幸吉の翻訳本(相模原市図書館の所蔵はない)
3.秦 理恵子の翻訳本

0 件のコメント:

コメントを投稿

森の娯しみ 2024.06.12 第64回

久しぶりの保全活動でした。 気温が上がるという予報でした。 木陰の作業ならいいですが、日当たり抜群の場所。 コナラを育てたい思いがあって、周りの草を刈りました。 5/26緑の祭典時の植樹した苗は、みんな元気に育っています。 こちらの実生の幼木も、大きく育てたいですね。 どんぐり苗...