ページ

2024年2月28日水曜日

森の娯しみ 2024.02.24 第54回

21日が雨天で活動中止。やっと24日にノイバラを植えることができた。
仮植えしたノイバラが心配だったが、杞憂のようだ。
土中環境の縦穴を垣根の両側の外に2か所。その縦穴を横溝が結ぶ。
きちんと設計して二つの穴を結んだ。
会員が、馬糞を持ってきた。近くにある乗馬クラブが無料で配布している発酵済みで、
安心して使える。これからは、これを使うことにしたい。
カブトムシが卵を産み付けてくれると嬉しいです。
森の一角に厚く積みあがった落ち葉がある。それを使って腐葉土を作ろうかな。
次回は、3月6日(水)9:30~

 

2024年2月27日火曜日

森の娯しみ 2024.02.14 第53回 

土中環境の穴掘りにも慣れてきました?
今回は18m。
この相模原台地の歴史を考えると、
無駄な抵抗にもみえるような作業ですが。
多分千年の土壌への腐葉土の提供が少なかったことを
ふっと思い出しました。
チョコレートがたくさん集まって、久しぶりにたくさん食べました。

 

2024年2月13日火曜日

第23回さがみ自然フォーラムに参加しました。




 

今年は、連休中の開催となり、来場者が多かったようです。普段はなかなか気が付かない民間団体の活動が報告されています。
生物多様性がテーマの展示会です。
これまでは、本厚木駅からすぐ近くのアミューあつぎ5階で開催されています。来年も同様な時期になると思われます。ご注目しておいてください。

2024年2月11日日曜日

子どもチャレンジ教室に参加しました。2024/02/10



 大野台公民館青少年部、広報部、健全育成協議会の皆様と、大野台に住む小学生のみなさんとその保護者のみなさん、ご参加ありがとうございました。
限られた時間ではありましたが、森をご案内できました。ヤマザクラの株立ち、ヒメシャラの実、タブノキの葉の香り、ツルウメモドキの実はきれいなんですが、そのツルは強いのです。木の成長を阻害するような力で、幹に巻き付きます。そして、幹をまげてしまうのです。その跡をみました。ヤマザクラの年輪は数えることができませんでしたが、50年生以上だったかな?明るい茶色の切り口の色がいいですね。
焚火をして、焼き芋づくり。花炭づくり。いろんな楽しみが詰まっていて、時間が足りませんでしたね。
ご参加いただいて、ありがとうございました。

2024年2月の予定です


 

2024年2月9日金曜日

森の娯しみ 第52回 2024.02.07

雪で森の娯しみができないかと、天気予報を見つめる。
大丈夫そうだよ、晴れそうだ。
あの好きなスキー場にいるみたいだ。
久しぶりの感覚でした。
10日(土)は、
花炭と焼き芋と森の散策
大野台公民館青少年部、大野台青少年健全育成協議会主催です。
すっかり準備はできました。
みなさん、一日を一緒に過ごしましょう。

 

森の娯しみ 2024.06.12 第64回

久しぶりの保全活動でした。 気温が上がるという予報でした。 木陰の作業ならいいですが、日当たり抜群の場所。 コナラを育てたい思いがあって、周りの草を刈りました。 5/26緑の祭典時の植樹した苗は、みんな元気に育っています。 こちらの実生の幼木も、大きく育てたいですね。 どんぐり苗...