ページ

2023年8月31日木曜日

森の娯しみ 2023.8.30 第35回

大変暑い日になりましたので、早く終わろう!と、予定の半分で終了しよう!
2本の倒木の整理と2本のナラ枯れからの落枝の整理です。
チェンソーとノコギリと手で枝を整理。
1本の倒木は、玉切り。根っこと幹の洞は、クラフトに使えるかな?
もう一本は、根がしっかり土の中に食い込んでいて、動かず。
もうチェンソーは、目立て中だったので。ノコギリで根を切る。やっと動かした。
ナラ枯れの注意看板の周りの草を刈ろう。
いつもの解散時間になりました。
ピンクのツルボとヌスビトハギが咲いていましたね。

定例活動日の報告は、森の娯しみと名付けました。

 

2023年8月13日日曜日

8月の活動予定のご案内です

 8月の活動は、

5日親子体験!セミの羽化観察会(エコパークさがみはら主催の夏休み環境学校)

この後は、夏休みです。

夏休み明けは、30日(水)森の娯しみ第35回を予定しています。


2023年8月12日土曜日

カシナガトラップの長い夏2023

カシノナガキクイムシの捕獲トラップを、市水みどり環境課からの委託を受けて、
実施しました。
5月11日から8月9日の14週間、2週間おきにトラップから火曜日虫を取り出す。
エタノール漬けになっているので、乾燥させる。
金曜日に重量を量って頭数を推定するという手筈だった。
0.002mg程度の重さで、そんな精密な秤は使っていない。
500匹で、1000匹で何グラムになる?で行くしかない。
ある記録を読んだら、シーズンが違うと重さが違うと。
当てにならない重さではないか。
そこで、数えられる範囲なら数えようとなった。
10本の木に30列のトラップ。
一本の3つのトラップに最大の捕獲数は、8472匹。
一日分の最大数は、18,698匹。総捕獲数は53,325匹となった。
体重は、若干重くなったように感じた。
相模原市でもう一か所では、1回の捕獲数が10万匹単位。
圧倒的に、木もれびの森のカシナガ捕獲数は少なかった。
でも、今年穿孔された木は、6本となった。
去年より増えた。
この木に入ったカシナガは、来年も被害を出すだろう。

電子てんびんを、エコパークさがみはら様から長期にわたっての貸与をしていただき、
ありがとうございました。



 

2023年8月9日水曜日

親子体験!セミの羽化観察会 2023.8.5


エコパークさがみはら主催の夏休み環境学校
親子体験!セミの羽化観察会をさせて頂きました。

セミの羽化をよく知っていました。
ここから時間が掛かるよ!
暑さの影響でしょうか?
羽化に出てくる目の高さで観察できる幼虫を見つけられませんでした。
元気の良いのは、ヤマザクラの幹を上へ上へと登って行ってしまいました。
3匹が目の前で始めてくれました。
ありがとう!
背中、イナバウワー、ぶら下がる、羽根を伸ばし始める。
観察できてよかったです。
赤セロハン紙のおかげで、星空もよく見えました。
カラスウリの開花も見られました。
20:30終了予定時間になって、
皆さんに修了証をお渡ししました。
お土産のプリントも。

ご参加くださいまして、ありがとうございました。
熱中症を心配しながらも、無事終わりました。

動画を作りました。どうぞご覧ください。



 

森の娯しみ 2024.06.12 第64回

久しぶりの保全活動でした。 気温が上がるという予報でした。 木陰の作業ならいいですが、日当たり抜群の場所。 コナラを育てたい思いがあって、周りの草を刈りました。 5/26緑の祭典時の植樹した苗は、みんな元気に育っています。 こちらの実生の幼木も、大きく育てたいですね。 どんぐり苗...